NDフィルター濃度の相関表です。

(この表にある、すべての濃度のフィルターが販売されているわけではありません)
濃度 平均透過率(%) フィルター・
ファクター
露光補正(絞り)
STOP
LEE
フィルター
0.10 80 1.25 1/3 298  .15ND
0.20 63 1.50 2/3  
0.30 50 2.00 1 209  .3ND
0.40 40 2.50 1 1/3  
0.50 32 3.00 1 2/3  
0.60 25 4.00 2 210 .6ND
0.70 20 5.00 2 1/3  
0..80 16 6.00 2 2/3  
0.90 13 8.00 3 211 .9ND
1.00 10 10.00 3 1/3  
1.20 6 16.00 4 299  1.2ND
1.50 3 32.00 5  
1.80 1.5 64.00 6  
2.00 1 100.00 6 2/3  
2.10 0.78 128.00 7  
2.40 0.39 256.00 8  
2.60 0.25 400.00 8 2/3  
2.70 0.19 512.00 9  
3.00 0.10 1000.00 10  
3.30 0.05 2000.00 11  
3.60 0.025 4000.00 12  
3.80 0.014 6000.00 12 2/3  
3.90 0.0125 8000.00 13  
4.00 0.01 10000.00 13 1/3  

昨年は皆既日食がありましたが、太陽撮影によく使われるND400はフィルター・
ファクターが400という意味になります。平均透過率は0.25%となりますね。
この濃さのままでは太陽はまぶしてく直視できません。お気をつけ下さい。
ライトの芯(センター)を見る、ブルーリング・ガッファー・グラスはスペック表では
濃度3.8となっています。この表から6000倍と読み取れますね。
(このブルーリング・ガッファー・グラスは多少グリーンの色がかかります)。
カラートーンは、濃さが露出補正6STOP相当ということですから、ファクターは
64倍になります。コントラスト・ビューイングとして使われます。

「プロ用電球のブライトン」トップページへ戻る